ABOUT

 

Yuko McMahon (優子マックマーン)

ABOUTアメリカはカリフォルニア州在住歴20年プラス。型にとらわれることが苦手で子供の頃から人と違うことをするのが好きで群れることが嫌いな好き嫌いがはっきりとしたB型。”やりたいことは全部やる”、がモットー。趣味はカメラ、フォトグラフィー、トラベル、キャンプ、ハイキング、リモデリング、オープンハウス巡り、ワイナリー巡りなどなど多数に渡る。

アメリカでは持ち前のデザインセンスを発揮し、デザイナーとして更にはその知識が役に立った不動産投資をキャリアとし5年で一生苦労しない資産を築く。(不動産投資家としてのプロフィールはこちら)

独自のライフスタイルを形成し居住のメインをカリフォルニア州オレンジカウンティーとし、年に2ヶ月はハワイに滞在。仕事でもパートナーである主人と息子達+愛犬で気ままに暮らしを楽しむライフスタイルを実践中。

 

学歴と職歴と起業歴

神奈川県出身。幼少期から大人になるまでを湘南で過ごす。中学、高校と体操部に所属していたハードコア体育会系。文化女子大学生活造形学科卒業後、東急建設横浜支店入社。バブル絶頂期で盛り上がっている最中、事務職は性に合っていないと判断し退社。その当時夜間フラワーデザイナー養成学校に通っていたこともありフラワーデザイナーとして独立を決意。数年後にインテリアデザインも取り入れたく憧れだったアルフレックスジャパンに飛び込み営業。めでたく雇ってもらうことになる。そこではシンプルに暖かい空間を作るコンセプトを学ぶ。好きなことをやり始めるとあれこれもっとやりたいことが出て来ることに気づき、長年自分の中にあった夢を現実にしたいと思うようになる。

物心ついた頃から人生一度は外国で暮らしてみたいという憧れのもと、日本にてフラワーデザイナー、インテリアデザイナーを経て1997年にアメリカはカリフォルニア州へインテリアの延長であるランドスケープデザインを学びたくて単身渡米。オレンジカウンティーにて大学のランドスケープデザインキャリアコースを修了。結果、夢だったランドスケープデザイナーとなりオレンジカウンティー富裕層の個人邸の庭のデザインと施工に携わり雇われていた会社の全てを任させるほどになる。1999年に独立、起業。これがアメリカで初めての起業となる。当時29歳。

顧客はニューポートビーチ市やアーバイン市の高級住宅街が多く、彼女のデザインセンスの良さにアメリカ全国版テレビチャンネルのHGTV(Home and Garden Television)の人気番組、『アウタースペース』にてランドスケープデザイナーを務め、その他ABC放送の人気番組、『Extream make over home edition』でもデザイナーを務める。

著書に『メールでできる!アメリカ不動産投資』と『知識ゼロ、資金ゼロからの3億円オーナー主婦が書いたアメリカ不動産投資』があり共にアマゾンジャパンで不動産部門ベストセラーとなった。

2003年、仕事を通して知り合ったアメリカ人と結婚し永住を決意。同時期にランドスケープデザインで知り合った複数の富裕層クライアントより不動産投資の醍醐味を学ぶことになる。その後カリフォルニア州ロサンゼルス、オレンジカウンティー地区にて古い物件を購入しインテリアデザイナー、ランドスケープデザイナーの知識と体験を生かし自ら全館リモデルして転売する通称”フリップ”を始め2008年に不動産投資ファーム、Home Brand Properties, Inc を設立、アメリカで2回目の起業となる。リーマンショックで銀行差し押さえ物件が大量に出た時、銀行とタイアップして物件をリモデルしいかに早く転売する通称”ハウスフリップ”のノウハウを実戦しながら学ぶ。

フリップではトレンドなインテリアデザインをしっかり捉えることが必須。物件を購入しては次々とリモデルを完成させカリフォルニアスタイルのインテリアが反映された物件は転売時には毎回複数のオファーが入るほど。

活動のメインは南カリフォルニアが大半をしめるもののセカンドホームのあるハワイではバケーションレンタルを数件所有。どの物件もアウトデートなインテリアのものを好んで購入し自らリモデル。世界中のハワイ観光客の皆さんにご利用いただいたています。

20年以上のインテリアデザイン知識と体験、それからカリフォルニアの生活で身につけたスタイリッシュな心地よいデザインアイデアやデコレーションアイデアを皆さんとシェアしデザイナーを雇わなくても自分でできるカリフォルニア風インテリアデザイン情報を発信中。

住む空間を自ら改善していくことで人生を変えたい女性を応援しています。